読書で記憶力アップする具体的な5つの方法 | 習慣にするコツも

「記憶力を向上させるには、読書がオススメって本当?」

なぜ読書が記憶力を向上させるといわれているのでしょうか。

この記事では、読書が記憶力を向上させる理由について解説します。

この記事を読むと、記憶力を向上させるための具体的な読書方法がわかります。

記憶力を向上させる具体的な読書方法が知りたい」という方は、ぜひ読んでみてください。

記憶力とIQが上がる講座プレゼント中!

 

記憶力を良くしたい...」と悩んでいませんか?

テレビでも取り上げられた記憶のスペシャリストによる特別レッスンを期間限定で無料開講しています!

\東大生も推薦!/

記憶力をあげる方法を見る

※サービスはすべて無制限、0円でコンテンツをご覧いただけます。

監修者情報

株式会社Art Of Memory

吉野式記憶術、宮地式脳トレ記憶術、VR記憶術など、記憶や脳に関するコンテンツを数多く手掛ける記憶のエキスパート。


なお、記憶力の上げ方については記憶力を上げる方法とは?|誰でもできる記憶向上テクニックを紹介の記事で解説しているので、あわせてご覧ください。

記憶力の低下を感じない人は読書を習慣にしていた!

多くの人がご存知のように、年齢とともに記憶力は低下します。

ですが、加齢による記憶力の低下を、食い止めている人達がいるのも事実です。

記憶力の低下を食い止めている人の多くは、読書を習慣していることが研究で明らかになりました。

ケンブリッジ大学の研究によると、

週に1回以上読書をする人は、14年後に記憶力が低下する可能性が低いことが判明しました。

頻繁に読書をする高齢者は、そうでない人に比べて記憶力が低下するリスクが減っていたのです。

記憶力の低下を防ぐには、読書を習慣にすることをオススメします

週に1回以上の読書をするだけでも、大幅に記憶力の低下を食い止められるでしょう。

 

読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法

今から、読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法をご紹介します。

読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法は、以下です。

<読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法>

・方法①:読書時間は1日30分以上がおすすめ

・方法②:ジャンルにこだわらず好きな本を読む

・方法③:朝の読書でコンディションも整える

・方法④:全部を理解しようとしない

・方法⑤:本のストックは2冊まで

上記を読むと、読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法がわかります。

さっそくみていきましょう。

 

方法①:読書時間は1日30分以上がおすすめ

読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法1つ目は「読書時間は1日30分以上がおすすめ」です。

1日30分以上読書をすることで、ストレスが軽減することが明らかになっています。

過度なストレスは脳に負担をかけ、記憶力の低下につながるのです。

職場や人間関係などストレスを感じやすい人は、読書をすると良いでしょう。

日々のストレスを発散することが、記憶力や集中力の向上につながります。

 

方法②:ジャンルにこだわらず好きな本を読む

読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法2つ目は「ジャンルにこだわらず好きな本を読む」です。

記憶力を向上させるためには、まず読書をすることが大切になります。

ですので、ジャンルや内容は二の次として、読みやすい本を選ぶと良いでしょう

自分の好きな本を読むと、自然と集中し、いつの間にか読み終わっていることもあります。

読書をすることで脳を活性化し、記憶力の向上につながるでしょう。

本を選ぶのに苦労するという方は、以下の本選びのコツを参考にしてみてください。

<本選びのコツ>

・趣味に関連する本を選ぶ

・本屋の人気ランキングから選ぶ

・ネットで試し読みをしてみる

 

方法③:朝の読書でコンディションも整える

読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法3つ目は「朝の読書でコンディションも整える」です。

1日の初めに読書をすることで、精神のコンディションが整えられます。

朝整えられたコンディションは、長時間にわたって持続する傾向にあるのです。

読書がもたらす精神的ゆとりは、集中力と記憶力を向上させてくれます。

記憶力を向上させたい人には、朝の読書がオススメです。

朝の読書には自分の「バイブル」となっている本を繰り返し読むと良いでしょう。

バイブル」を読むと、目標を再確認でき、フレッシュな気持ちでスタートできるのです。

 

読書のお供には、記憶力を向上させてくれるコーヒーがオススメです。

以下の記事では、コーヒーの飲み方について解説しているので、読んでみてください。

 

方法④:全部を理解しようとしない

読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法4つ目は「全部を理解しようとしない」です。

読書を習慣にしている多くの人も、一言一句読んでいるわけではありません。

全体をサラッと読むことで内容を理解し、楽しむことができます。

読めない漢字を検索していては、全体の内容を掴むことは難しいでしょう。

映画やドラマを観るように気軽に読み切るようにしましょう。

読書を継続することが、記憶力の向上につながるのです。

<読書中にオススメできない行為>

・1つの文章の意味を正確に理解しようとする

・読めない漢字を検索する

・読み終わったページをさかのぼる

 

オススメできない行為をしてしまうと「読書が面倒なこと」と思い込んでしまいます。

すると、 次の1冊をなかなか読む気になれません

慣れるまでは、負担を感じないように読書をしましょう。

 

方法⑤:本のストックは2冊まで

読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法5つ目は「本のストックは2冊まで」です。

読書を始めようと書店に行くと、魅力的なたくさんの本に出会うでしょう。

ついつい多くの本を買ってしまいがちですが、これはNGです。

買い過ぎた本は、以下のような悩みのタネになってしまいかねません。

・買ったことに満足して、本棚に放置

・本を買い過ぎてどれから読もうか悩む

・買った時は読みたかったけど、今ではそこまで読みたくない

まずは1冊、多くても2冊までのストックにとどめるようにしましょう。

継続的に読書をすることで、記憶力の向上につながります。

ストックが少ないと、本を読み切った達成感をすぐに味わえるのです。

次の本を探すワクワク感を定期的に味わうことも、読書を楽しむ秘訣といえるでしょう。

 

記憶力アップに効果的な読書を習慣にするためのコツ

今から、記憶力アップに効果的な読書を習慣にするためのコツをご紹介します。

記憶力アップに効果的な読書を習慣にするためのコツは、以下の3つです。

<記憶力アップに効果的な読書を習慣にするためのコツ>

・コツ①:スマホを見えない場所に移動させる

・コツ②:敷居が高い本は読まない

・コツ③:好きな場所で読書する

上記を読むと、記憶力アップに効果的な読書を習慣にするためのコツがわかります。

さっそくみていきましょう。

 

コツ①:スマホを見えない場所に移動させる

記憶力アップに効果的な読書を習慣にするためのコツ1つ目は「スマホを見えない場所に移動させる」です。

読書が習慣になるまでは、本を開いてもなかなか集中することができません。

ですので、集中を妨げるものは近くに置かないようにしましょう。

特にスマホの通知音は厄介です。

読書をするときは電源をoffにするのも良いでしょう。

気になる場合は、以下のような目に見えない場所に移動させることをオススメします。

<読書する時のスマホの隠し場所>

・別の部屋に置く

・バッグの中に入れる

・引き出しに収納する

 

コツ②:敷居が高い本は読まない

記憶力アップに効果的な読書を習慣にするためのコツ2つ目は「敷居が高い本は読まない」です。

自己成長のために読書を始める人は、レベルの高い本を選んでしまいます。

レベルの高い本は、難しい単語や言い回し、複雑な内容のオンパレードです。

次第に読む気が薄れてしまい、多くの人が途中で諦めてしまいます。

 

本を読む習慣が無い人は、自分で読めそうな本から始めてみるのがオススメです。

以下はあくまで1例ですが、本選びにお困りの人は参考にしてみてください。

<読書を習慣にするためのステップ>

ステップ①:映画やドラマの原作小説

ステップ②:本屋大賞作品(書店員が選ぶお客様に読んで欲しい本)

ステップ③:自己啓発や専門書

 

コツ③:好きな場所で読書する

記憶力アップに効果的な読書を習慣にするためのコツ3つ目は「好きな場所で読書する」です。

例えば、勉強に集中したい時には、以下の場所に行ったりしませんか?

・学校

・図書館

・塾

人それぞれ行く場所は異なるはずです。

読書も同じように、しっくりくる場所があります。

好きな場所で読書をすると、本の世界に入り込むことができるでしょう。

家では没頭できなかった本も、公園のベンチなら集中できたということは、決して珍しくありません。

こうした場所を見つけることで無理なく読書を習慣にすることができるでしょう。

 

以下の記事では、読書に集中するためのコツとオススメの場所を紹介しています。

読書をする場所を決めかねている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

読書習慣がもたらす記憶力アップ以外の効果とは?

今から、読書習慣がもたらす記憶力アップ以外の効果をご紹介します。

読書習慣がもたらす記憶力アップ以外の効果は、以下の3つです。

<読書習慣がもたらす記憶力アップ以外の効果>

・効果①:語彙力が養われる

・効果②:新しい価値観が身に付く

・効果③:気分をリフレッシュできる

上記を読むと、読書習慣がもたらす記憶力アップ以外の効果がわかります。

さっそくみていきましょう。

 

効果①:語彙力が養われる

読書習慣がもたらす記憶力アップ以外の効果1つ目は「語彙力が養われる」です。

読書をすることで、知らない言葉の使い方や表現方法に触れることができます。

読書が習慣になると、知らなかった表現方法が自然と身につくでしょう。

語彙力が増えると、以下のようなメリットがあります。

<語彙力が増えるメリット>

・話の引き出しが増える

・雑談力が向上する

・交渉力がアップする

・スピーチやプレゼンが上手になる

・アイデアがたくさん出る

 

効果②:新しい価値観が身に付く

読書習慣がもたらす記憶力アップ以外の効果2つ目は「新しい価値観が身に付く」です。

自分自身の価値観で生活していると、アイデアが出づらくなってしまいます。

読書をすることで、 新しい価値観を身につけることできるのです。

新しい価値観は、仕事のクオリティ向上やアイデア発想につながるでしょう。

歳を重ねるにつれて、考え方や発想が偏ることも少なくありません。

読書を習慣にして、柔軟な考え方や発想力を養っていきましょう。

 

効果③:気分をリフレッシュできる

読書習慣がもたらす記憶力アップ以外の効果3つ目は「気分をリフレッシュできる」です。

興味のある本を読んでいると、周りの音が聞こえないほど集中していた経験はありませんか?

読書中は、嫌なことやストレスも忘れさせてくれるくらい集中しています。

本の世界に入り込むことで、気分もリフレッシュすることができるのです。

読み終わった後には、爽快な気分になり、ストレスも吹き飛んでいるでしょう

 

以下の記事では、気分リフレッシュと記憶力アップ効果がある瞑想について解説しています。

読書の休憩中にもできる簡単な方法を紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

 

まとめ:記憶力アップに効果的な読書を習慣にしよう!

今回は読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法を紹介しました。

この記事をまとめると以下のとおりです。

1. 記憶力の低下を感じない人は読書を習慣にしていた!

2. 読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法

2.1 方法①:読書時間は1日30分以上がおすすめ

2.2 方法②:ジャンルにこだわらず好きな本を読む

2.3 方法③:朝の読書でコンディションも整える

2.4 方法④:全部を理解しようとしない

2.5 方法⑤:本のストックは2冊まで

3. 記憶力アップに効果的な読書を習慣にするためのコツ

3.1 コツ①:スマホを見えない場所に移動させる

3.2 コツ②:敷居が高い本は読まない

3.3 コツ③:好きな場所で読書する

4. 読書習慣がもたらす記憶力アップ以外の効果とは?

4.1 効果①:語彙力が養われる

4.2 効果②:新しい価値観が身に付く

4.3 効果③:気分をリフレッシュできる

5. まとめ:記憶力アップに効果的な読書を習慣にしよう!

読書を習慣にすることで、記憶力は向上します。

 

加齢とともに感じる記憶力の低下をなんとかしたい」とお悩みの方は、

この記事でお伝えした「読書で記憶力アップ!具体的な5つの方法」を実践してみてください。

 

読書を習慣にして、記憶力を向上させていきましょう。

記憶力が上がる有料講座を無料で公開中!
記憶術講座を無料で見る
記憶力が上がる有料講座を無料で公開中!
記憶術講座を無料で見る