記憶力を伸ばせば仕事は楽しくなる!今日から実践できるコツを紹介

キツネさん

仕事で成果を出したいけど、記憶力が悪くて困っています……。何かいい方法が知りたいな。

記憶力の良し悪しは、仕事に取り組む上で重要なスキルになります。

記憶力を上げて仕事の成果を出したいと思うのは、誰しも同じです。

記憶力はトレーニングや生活の中の工夫をするだけで上げることができます。仕事で成果を出したいと思うのであれば記憶力を上げることも一つの手段となります。

本記事では、記憶力が悪くて仕事ができない原因と改善方法を紹介します。

記憶力を上げることで仕事を変えることもできますし、記憶力を活かせる仕事に就くことも可能です。

仕事に活かせる記憶力を手に入れて、効率よく仕事で成果を出しましょう。

記憶力とIQが上がる講座プレゼント中!

 

記憶力を良くしたい...」と悩んでいませんか?

テレビでも取り上げられた記憶のスペシャリストによる特別レッスンを期間限定で無料開講しています!

\東大生も推薦!/

記憶力をあげる方法を見る

※サービスはすべて無制限、0円でコンテンツをご覧いただけます。

監修者情報

株式会社Art Of Memory

吉野式記憶術、宮地式脳トレ記憶術、VR記憶術など、記憶や脳に関するコンテンツを数多く手掛ける記憶のエキスパート。


なお、記憶力の上げ方については記憶力を上げる方法とは?|誰でもできる記憶向上テクニックを紹介の記事で解説しているので、あわせてご覧ください。

仕事を覚えられずに支障が出てしまう人の特徴

記憶力が悪く仕事に影響が出る人の特徴の画像

まず記憶力が悪く、仕事に支障が出てしまいがちな人の特徴には、下記の3つが挙げられます。

  • メモを取らない
  • 自分で考えずにすぐに人に聞く
  • 優先順位をつけられない

見ての通り、記憶力が悪いだけではなく、日頃の行動や思考が影響しています。

例えば、上司に報告しなければならない情報を正確に伝えることができなかったり、仕事の工程を覚えられないのは、記憶力以前に、行動から見直す必要があるかもしれません。

仕事に支障が出ている人の特徴が、自分に当てはまっていないか確認しましょう。

メモを取らない

記憶力が悪く、仕事ができないと感じている人は、メモを取っていないことが多いです。

記憶力が悪い人ほど記憶に頼ろうとして、結局覚えられずにミスを重ねてしまいます。

明日までに片付けなければならない仕事を次の日には忘れてしまい、先延ばしにしてしまった経験もあるのではないでしょうか。

このようなとき、メモをしておくことで無駄に記憶を使わずとも仕事を片付けることができます。

自分の記憶力だけに頼るのではなく、メモを取る習慣をつけるだけで仕事でのミスは減らすことができます。

キツネさん

メモを取るのはめんどくさいけど、仕事でミスをしないためにもどんどん活用しましょう。

自分で考えずにすぐに人に聞く

仕事ができない人は、わからないことがあると思考を停止して、すぐに人に聞いて回ります。

人に聞くことが悪いわけではなく、まずは自分で考えて行動することが大切です。

人に聞くだけで仕事をしていると、仕事の内容や方法を記憶することができないからです。

パソコンでの作業をしているときに簡単なエラーが出たとします。人に聞けばすぐに解決するかもしれませんが、次に同じエラーが出たときに、また人に聞かなければならず、いつまでたっても自分で解決することはできません。

このように、すぐに人に聞いてしまうと、記憶力だけでなくスキルも身につきません。

優先順位をつけられない

記憶力が悪く、仕事に支障が出がちな人は仕事の内容に優先順位をつけることができません。

仕事の優先順位をつけることができなければ、緊急で重要な仕事でも後回しにしてしまいます。

上司への報告と事務作業の仕事が残っている場面です。

残っている仕事を記憶できていないと、優先順位の高い上司への報告を忘れてしまい、事務作業だけに没頭してしまうようなミスがおきてしまいます。

このように、仕事に優先順位をつけることは、効率的に仕事で成果を出す上で重要なスキルとなります。

仕事が覚えられない原因と対策

記憶力が悪い人が仕事を覚えられないことには、以下のような原因が考えられます。

  • そもそも覚える量が多すぎる
  • 緊張して覚えられない
  • 集中していない
  • 健康に関する理由

記憶力が悪いのではなく、仕組みが悪かったり、体が記憶しにくい状態になっている可能性があるのです。

ここからは、仕事が覚えられない原因とその対策を紹介します。

そもそも覚える量が多すぎる→優先順位をつける

記憶力が悪いという以前に、そもそも覚える仕事の量が多すぎる可能性があります。

覚えることが多くなると、注意が散漫になり記憶に定着しにくくなります

そんなときは、覚える仕事の内容に優先順位をつけて、一日一つずつ覚えていくように工夫してみてください。

キツネさん

覚えることが多くなると、あれもこれも覚えようとしてしまい、結局どれも記憶に定着させることができません。

まずは優先順位の高い仕事に対して、集中して取り組むように心掛けてみてください。

優先順位をつけることで、今までよりも断然早く、多くの仕事を覚えられるようになるはずです。

緊張して覚えられない→深呼吸や瞑想をする

仕事が覚えられない原因として、仕事中に常に緊張している可能性があります。

東邦大学の増尾好則氏によれば、ストレスは記憶力や集中力を高める前頭前野の活動を低下させると言います。

参考:https://www.toho-u.ac.jp/sci/bio/column/029758.html

仕事中に緊張し続けることにより、ストレスが増えて、記憶がしにくい状態にある可能性があります。

まずは、仕事を覚える前にストレスを軽減する行動を取りましょう。

ストレスを軽減させる方法としては、深呼吸をする瞑想をするコーヒーを飲むなどが挙げられます。

コーヒーの匂いはストレスを軽減させるとも言われているので、休憩中にゆっくり飲んでみてください。

仕事を覚える前に、まずは自分の気持ちを落ち着かせるように努力してみましょう。

集中していない→生活リズムを整える

仕事が覚えられないのは、仕事に集中できていない可能性があります。

プライベートで心配事がある、睡眠不足などで仕事に集中できていないのであれば、仕事を覚えることはできません。

このような場合は、心配事を解決できれば一番良いです。

キツネさん

でも、そんな簡単に心配事はなくなりません。

まずは、プライベートと仕事を分けて、メリハリをつけることから始めましょう。

睡眠不足は記憶に直結するので、日々の生活リズムを見直し、睡眠時間を確保しましょう。

健康に関する理由→まずは休養を取る

体調が悪いときには、仕事を覚えようとしても非常に効率が悪いです。

頭が痛い、お腹が痛いなど、体に異変があるときに仕事を覚えようとしても、集中できません。

対策としては、まず休養を優先しましょう。

バランスの良い食事をとり、十分な睡眠で休養できれば仕事を覚える効率は上がります。

今日から試せる!職場で記憶力を上げるためのコツ

覚えられない原因と対処法に続いて、能動的に覚えるためのコツもお伝えしていきます。

記憶力が良いと仕事でも成果が出やすくなります。

  • メモを取る
  • 理解する
  • 振り返り、アウトプットする
  • 記憶術を学び、試してみる

全ての方法を一度に試す必要はありません。まずは1日、もしくは1週間に1個ずつ取り入れてみてくださいね。

メモを取る

先に「仕事を覚えられない人はメモを取らない」と説明しましたが、仕事で効率的に記憶するためには、メモは必須です。

人が一度に覚えておける記憶の量は限られているため、メモを取り、脳の作業スペースを確保することが重要です。

メモを取ることは、記憶する量を増やすためのサポートです。

無駄に「記憶しなきゃ」と考えてしまうと、記憶することはできません。

メモに残しておくことで後からでも見返すこともでき、効率よく記憶を定着させることができます。

理解する(わからないままにしない)

仕事を覚えようと思ったときに、覚えたいことを理解することが記憶できるかどうかの分かれ道になります。

パソコンのショートカットキーであるctrl+cを覚えたいとします。

理解せずに覚えようとする人は、何も考えずにそのまま覚えようとします。

しかし、ちゃんと理解して覚えようとする人は「cはcopyのc」というように覚えることができるため、スムーズに記憶できます。

このように、覚えたい対象をわからないままにせずに、理解することで記憶は容易になります。

振り返り、アウトプットする

効率的に記憶力を上げたいのであれば、アウトプットは有効な手段です。

特に人に説明してアウトプットをすると効果的で、記憶が定着しやすくなります。

人に説明するということは、記憶したい内容を十分に理解する必要があるからです。

アウトプットをして記憶するコツとしては、記憶しようとするときから人に説明するつもりで覚えるということです。

仕事の後に一日を振り返り、同僚や後輩にアウトプットすると効率的に記憶することができます。

キツネさん

1日に1回はどこかでアウトプットをすることを意識してみましょう。「後輩に仕事の内容を教えること」も、歴としたアウトプットです。

記憶術を学び試してみる

今までの記憶する方法を実践しても、記憶力を上げることができないのであれば記憶術を学ぶことをおすすめします。

記憶術は、効率的に最速で記憶力を上げる方法です。

このサイトでも紹介している吉野式記憶術もその一つであり、記憶力を上げたいのであれば学ぶ価値は十分にあります。

無料の講義動画でも記憶術の一部分を紹介しているので、興味がある方はぜひ登録して記憶術に触れてみてください。

新しい世界が見えてくるかもしれません。

\今日から記憶力が上がる/
無料のオンライン講座を試してみる

記憶力が良くなると仕事が楽しくなる理由

ここまでは仕事を効率的に覚える方法やコツをお伝えしてきました。

仕事で記憶力を発揮できるようになると、毎日の仕事がスムーズに進み、楽しくなってきます。

その理由は以下のとおり。

  • 同じ失敗をしなくなるから
  • コミュニケーションが円滑に進むから
  • 業務が効率化され、新しいことに挑戦できるから
  • 資格を取り、専門的な職業に転職できるから

仕事が楽しくなれば、毎日の生活も充実するでしょう。

同じ失敗をしなくなるから

記憶力が良くなると、一度失敗したことを繰り返すことが減ります。失敗した内容や失敗した原因を覚えることができているからです。

パソコンでの入力ミスがあったとします。記憶力が良い人は、次に同じような入力をするときに気をつけることができます。しかし、記憶力の悪い人は入力ミスをしたことさえも忘れてしまっています。

このように、記憶力が良くなることで仕事のミスは減っていきます。

仕事でのミスが減ることにより仕事が楽しくなるのです。

コミュニケーションが円滑に進むから

記憶力が良いと、コミュニケーションもスムーズに進みます。

仕事仲間のことや仕事内容まで正確に記憶できることで、会話が成り立ち、話題も生まれるからです。

記憶力が悪いと会話が成り立ちにくく、コミュニケーションもなかなか進まないことが多いです。

コミュニケーションは仕事が楽しくなる上で非常に大切です。

業務が効率化され、新しいことに挑戦できるから

記憶力が良いと、業務を効率化することも可能です。

仕事の流れや内容を記憶することで、どの部分が無駄になっているか、簡素化できる部分はどこかなど、非効率な部分を見つけやすいからです。

さらに、仕事の流れを記憶できていれば、トラブルやミスの予想ができて、事前に予防することも可能です。

また業務を効率化することは、仕事が楽になるだけではありません。

業務が効率化されたことで時間に余裕ができ、その時間を新たな挑戦に費やすことができるのが最大のメリットと言えます。

キツネさん

新しいことに挑戦できれば、キャリアアップにも繋がりますし、仕事がさらに楽しくなります。

資格を取り、専門的な職業に転職できるから

記憶力が良いと、専門的な資格を取ることも可能です。

専門的な資格を取ることができれば、その資格を活かして転職もできます。

現代は転職するのがあたりまえになりつつあります。転職し、キャリアを積むことができれば、仕事も楽しくなる上に、市場での価値も上がります。

記事の最後には、おすすめの資格情報サイトも紹介しています。

記憶力の良さを活かせる職業

記憶力が良いことは、どんな仕事にもプラスになります。

最後に、そんな中でも、記憶力の良さをより活かせる職業を4つ紹介します。

  • 資格が必要な仕事
  • 営業
  • 看護師
  • ライター

資格が必要な仕事

資格が必要な仕事は、記憶力が求められる仕事が多いです。

例えば、弁護士や税理士、社労士などが挙げられます。

そもそもこれらの職業は記憶力をもとに資格試験に合格しなければ、その職業に就くことはできません。

弁護士は法律、税理士は税に関するルール、社労士は労働や社会保険に関することなどを記憶する必要があります。

キツネさん

このような資格が必要な仕事は、社会的な価値が高く、高待遇も期待できます。

営業

営業職も記憶力の良さを活かせる仕事です。

営業職は、顧客の顔や名前を覚えることが重要です。

それ以外にも趣味や家族構成など顧客に関することを記憶することで、成約に結びつけやすくなるかもしれません。

記憶力が悪いと、顧客の名前や情報をすぐに思い出すことができず、成約のチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。

看護師

看護師も記憶力を活かせる仕事です。

看護師は、病気の知識だけではなく、薬の種類やその効果、副作用などを覚えておく必要があります。

例えば点滴に関してなにも記憶していない看護師が、副作用も説明せずに注射をしてきたら、患者さんは不安になってしまいます。

看護師には看護をするだけでなく、医療の幅広い知識が求められるため、記憶力を存分に活かせる仕事です。

ライタ-

ライターの仕事も記憶力を活かすには良い仕事と言えます。

ライターの仕事とは、知識や調べた内容を読者にわかりやすいように伝えることです。

過去の経験や知識が必要になることから、記憶力が良いと有利に働くことができます。

何の知識や経験もないライターが、本から丸写しをしたような記事は、誰も読もうとは思いません。

深い知識や経験があるからこそ、それを思い出し良い文章が書けるのです。

おすすめの資格情報サイト

先にもお伝えしたとおり、仕事を主体的に楽しく行うためには「資格の取得」がおすすめです。

以下では当サイトおすすめの資格情報を扱っているサイトを紹介します。

「しかくのいろは」さん

簿記やFP、情報処理技術者試験などの人気の資格を中心に、実際に受験をして得た効率の良い学習方法を紹介されています。

とくに簿記やファイナンシャルプランナー試験などの知識は、実生活にも応用ができるおすすめの資格です。

「習い事案内所」さん

30種類以上の資格を保有されているライターのそんみぃさんが運営されています。

ビジネスに役立つ資格はもちろん、ハンドメイドなどの趣味を活かせるものまで豊富に取り扱われています。

資格試験合格者へのインタビューやアンケートなどのオリジナルコンテンツは、とても参考になります。

まとめ

記憶力が悪い人は仕事の影響している画像

今回は、記憶力と仕事の関係について紹介しました。

記憶力を上げることができれば、効率的に楽しく仕事をすることができます。

仕事を覚えられるだけでなく、コミュニケーションの向上や資格取得にも役立ちます。

仕事を覚えられないと悩んでいる人は、メモを取るなど基本的なことから始めてみてはいかがでしょうか。

記憶力が上がる有料講座を無料で公開中!
記憶術講座を無料で見る
記憶力が上がる有料講座を無料で公開中!
記憶術講座を無料で見る